• 土. 5月 25th, 2024

【バレンシアガ】ビューティフルピープル2018年プレフォールコレクション – 全身を包み込むエスニックなテーラード

バレンシアガ

ビューティフルピープル(beautiful people)2018年プレフォールコレクションが発表された

ビューティフルピープル2018年プレフォールコレクション - 全身を包み込むエスニックなテーラード|写真16

今季のテーマは「WRAP=巻く包む」デザイナーの熊切秀典が2018年春夏コレクションで訪れたパリで出会ったラップサンド”クルドサンドイッチ(Kurds Sandwiches)”をインスピレーションの源としているバレンシアガ 偽物 トート

チェックやストライプの布を巻き付けベルトで着こなすマサイ族の衣服や、ウエスト部分で布の端を縛るタヒチのパレオといった民族衣装”対極にある物を掛け合わせて新しい物を作る”というビューティフルピープルのデザインコンセプトのもと、これらの民族衣装や僧侶服にテーラードの要素を取り入れたシャツやスカートが生み出された

ビューティフルピープル2018年プレフォールコレクション - 全身を包み込むエスニックなテーラード|写真10

たとえばテーラードのイメージが強いストライプシャツも、頭からかぶるチベットの民族衣装に着想を得たゆったりとしたシルエットを採用し、クラシカルな魅力にエスニックな世界観を見事に融合させている

「WRAP」の概念は、巻貝をイメージしたシェルアクセサリーや、とぐろを巻く蛇からインスパイアされた蛇革の型押しバッグなど、小物類にも反映されているマサイ族のアクセサリーからピックアップされたミサンガは、チョーカーとして首に巻いたり腕に2重巻きにして使うことができる

ビューティフルピープル2018年プレフォールコレクション - 全身を包み込むエスニックなテーラード|写真2

もう一つのアプローチとしては、文化や人種の交差点は全てミックスされた状態で存在し、その境はなくなる、という「INTERSECT=交わる」の概念代表的なのは、フランスパリ出身のアメリカの女性彫刻家ルイーズ ブルジョア(Louise Bourgeois)が手掛けるファブリック ワークとアフリカンプリントを融合させたアイテムだドットやストライプなどのパターンを調和させたワンピースや、立体的な編み目が印象的なインターシャニットにチェック柄のスカートを合わせたスタイルを提案する

ビューティフルピープル2018年プレフォールコレクション - 全身を包み込むエスニックなテーラード|写真26

また「INTERSECT」のテーマを体現するアクセサリーとして、大きくリサイズすることで存在感を増した方位磁石のペンダントネックレスも登場するバレンシアガ 半袖 コピー