• 水. 2月 21st, 2024

【バレンシアガ】イーチ × アザー17年春夏コレクション – スペクタクル社会を問う光と炎で彩られた洋服

バレンシアガ

イーチ × アザー(EACH X OTHER)の2017年春夏ウィメンズコレクションを紹介

 

全体的にシンプルなスタイリングでまとめたコレクションには、難解な意図が隠されている今季は、フランスの思想家ギードゥボールが説く、生活のすべてがメディア上の表象としてしか存在しなくなった「スペクタクルの社会」からインスピレーションを得て、ブランドのコンセプトである“アート ミーツ ファッション(Art Meets Fashion)”を表現した

ゴールドボタンや装飾的なリボンを付けたジャケットは、古典演劇からインスパイアされたコスチュームバレンシアガ 半袖 コピー「スペクタクル」が意味する見世物のイメージを演出するルックだそれらのジャケットの前は開いて着こなされ、リブのファブリックやランジェリースタイルと合わせて誘惑するような官能性を見せつける

 

見られたいという欲望は、コレクションに核となるテーマ“光”を生み出す光と炎を表すオレンジトーンは、後半のルックに多く登場したとりわけ、ウォームオレンジ一色で染めたレザーワンピースは強い印象を放つ

光はオレンジだけでなく、ゴールドにもなって服を煌めかせたオレンジのマイクロミニスカートとホワイトデニムをレイヤードした個性的なルックには、金色の文字でポエムが書かれたパーカを合わせるバレンシアガ ハワイ コピーショーはルーブル美術館のレストランで行われ、“SETS THE LOUVRE ON FIRE(ルーブルに火につけろ)”というコレクションのテーマを表現するように、ウッドアートワークを燃やすパフォーマンスも同時に実施された