• 水. 2月 21st, 2024

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

ルイヴィトン スーパーコピーn級品信用できるLouisVuittonコピーバッグ偽物通販ヴィトンコピー2023年最新作優良販売店バッグ、Tシャツ、ズボン、スニーカー、指輪、スマホケース業界最大級LouisVuittonスーパーコピー信頼保証

ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0
レディースファッション » ボトムス » ショートパンツ
● 仕様
メイン生地: ウール 29%、リネン 29%、コットン 29%、アルパカ 12%、ポリアミド 1%
グレー
スタンダードカット
推奨ブランド コピー 優良 店

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

【ルイヴィトン】ルイヴィトン シルエットブルーマーズ ニット 偽物 パンツ 1AAYC0

ミューラル(MURRAL)の2022年春夏コレクションが発表された

優雅さの日常性

ミューラル 2022年春夏コレクション - 花ひとひらの優雅さ|写真27

もし美というものがあって、それが比例や対称、調和などよって認識されるのであるとするならば、そうした全き均整からこぼれ落ちる花びらのようにささやかなものとは、いかに言いあらわすことができようたぶんそれを、今季のミューラルがテーマとする「GRACE」、つまり優雅さ、優美さと名指しても良いのかもしれない

ミューラル 2022年春夏コレクション - 花ひとひらの優雅さ|写真2

だから、1輪の、ただ1輪の花でも、優雅でありうるミューラルを代表する刺繍レースのシリーズは、今季は花瓶に挿した1輪のアルストロメリアの花をモチーフにフレアシルエットのドレス、ブラウス、セットアップでも着用できるスカートなどには、アルストロメリアの花の凛とした佇まいを、澄んだガラス花瓶を彷彿とさせる文様と組み合わせて刺繍で施した色調は繊細かつ穏やかであり、ナチュラルホワイトやブラックのボディを基調に、きらめきを帯びた刺繍の上品な色彩とともに仕上げている

ミューラル 2022年春夏コレクション - 花ひとひらの優雅さ|写真8

こうした花と花瓶の姿は、ロバートメイプルソープのカラー写真集『Flowers』に着想を得ているという被写体の肌理を感じさせるまなざしは、こうして花瓶に向けられる異なる色と質感の糸を組み合わせて編み上げたニットは、1960年代から70年代にかけて西ドイツで製造されていた陶器「ファットラバ(Fat Lava)」をイメージ和紙やレーヨン、コットンなど、5種類の素材をそれぞれ異なる手法で編み上げ、カーディガンやAラインのスカートに用いた一方で立体的なデザインのテーラードジャケットは、むしろ陶器がもつ独特のフォルムを反映している

ミューラル 2022年春夏コレクション - 花ひとひらの優雅さ|写真25

いま、「立体的」と書いた今季のミューラルはボリュームのあるシルエットも特徴だティアードドレスは、スカート部分にふわりとギャザーを施し、軽やかでエレガントな雰囲気にスリーブにもギャザーで膨らみを入れ、丸みを帯びたシルエットに仕上げた素材には、ダリアをモチーフとしたオリジナルの刺繍テキスタイルを採用ダリアの花言葉は「豊かな愛情」だという優美に咲き誇る花の姿が、ここでは立体的なボーラー刺繍によって、花束のように広がっている

ミューラル 2022年春夏コレクション - 花ひとひらの優雅さ|写真7

一方、パッチワークのノースリーブドレスやスカートは、植物の葉脈に着想オリジナルのジャカードやシワ感のあるリップル、流れるようになめらかなサテンなど7種類の素材を、それぞれの断片を愛でるかのように組み合わせた素材を縦方向に切り替えるとともに、パーツごとにギャザーの分量を変えることで、立体的で表情豊かな1着に仕上げている

ミューラル 2022年春夏コレクション - 花ひとひらの優雅さ|写真20

ただ1輪の花を生けること、陶器の肌理を愛でること、花束に高揚すること、あるいは縺れに縺れる葉脈に見入ること──ふと魅惑を感じるものごととはすぐれてパーソナルなものであり、それらが日常を紡いでゆくスタンリーキューブリック監督による1980年の映画『シャイニング』も、そのひとつであったという同作の舞台となるホテルのカーペットの柄に着想を得た素材は、凹凸感のあるリップルジャカードにより幾何学模様を表現トップスやタンクトップなど、気負いなく着用できるアイテムに用いた──日常に添える、花ひとひらの優雅さのように